Tecan
Tecan.com

東京大学先端科学技術研究センターに “テカン・オートメーション・ラボラトリー” 開室
Tecan Automation Laboratory opens at University of Tokyo’s RCAST »英文はこちら

2020年2月6日

テカン・オートメーション・ラボラトリー開室式
写真左:テカンジャパン 伊藤(左)、東大先端研 神崎所長(右)
写真右:東大先端研とテカンジャパンを交えた記念撮影

テカンジャパン株式会社(代表取締役社長 伊藤 浩孝 以下 テカンジャパン)は2020年2月6日に東京大学先端科学技術研究センター(所長 神崎 亮平 以下、東大先端研)内にネーミングライツによる、「テカン・オートメーション・ラボラトリー (英語名 : Tecan Automation Laboratory)」を開室いたしました。最先端の自動分注機や蛍光イメージング付きプレートリーダーをはじめとする複数の実験機器を研究者に提供し、ライフサイエンス研究の自動化及び効率化の促進、研究環境の向上への取り組みに寄与します。

東大先端研で初めてのネーミングライツ採用ラボラトリー

東大先端研では、「生命科学若手アライアンス」および「ラボラトリーオートメーション機構(CLARA)」といった、国際的に卓越した研究拠点を拡充・創設するプロジェクトを実施しています。生命および情報科学の若手独立研究者を雇用し育成するために、これらのプロジェクトでは、オープンラボラトリーを構築し、ライフサイエンス系の実験を自動化・効率化するシステムの整備・開発などを進めています。これにより、最先端研究設備を共用し、若手独立研究主宰者の研究環境を充実させます。「東京大学ビジョン2020」の「卓越性と多様性の相互連関」に貢献し、創発的研究を推進するものです。

「テカン・オートメーション・ラボラトリー」は、東大先端研におけるネーミングライツによる初めての研究施設となります。自動分注機 Fluent® Automation Workstation、蛍光イメージング付きプレートリーダーSpark® Cyto、デジタルディスペンサー D300eなど、最先端の自動化機器を設置いたします。自動化機器を有効活用していただくことにより、研究者の方々の効率化促進はもちろんのこと、作業負担の軽減による労働環境の改善、さらに、研究プロセスやデータの透明性を高めることに役立てていただけるものと確信します。テカンジャパンではこれらの機器使用に関するご意見やフィードバックを元に、さらなる先進的研究に役立つ製品の開発を進めてまいります。

東大先端研の谷内江望准教授はテカン・オートメーション・ラボラトリーの開室について以下のようにコメントしています。
「先端科学計測、テクノロジー開発が高度化する中で、自動化技術とAI技術の活用が益々重要になってきています。この度テカンジャパン株式会社との連携体制の中でアカデミアサイドとしては最先端の自動化装置をフルに利用できる環境が構築されます。これによって先端研の生物医化学分野はさらに知識探求、技術開発のサイクルを加速できることとなり、理想に向けて産学が協働できる本パートナーシップを心から喜んでいます。」

 

テカンジャパン 伊藤浩孝は、以下のように述べています。
「この度先端研内にテカン・オートメーション・ラボラトリーを開設できる運びとなり大変光栄に存じます。テカンの機器を利用いただくことで、東京大学で先端研究に従事する研究者の方々が独創的な研究成果を世界に発信する、その一助となれれば幸甚です。研究者の方々にとっては、新しい検出機器や自動分注機を用いた研究効率化を、そして弊社にとっては研究アプリケーションの事例獲得や次世代開発へのニーズ把握という、相互利益の関係を深めていくことが理想です。」


テカン・オートメーション・ラボラトリーに関するお問合せは
テカンジャパン株式会社 マーケティング部までお願いいたします。
TEL.044-556-7311(代表) Email infojapan@tecan.com